エポジン

透析患者は、高血圧よりもこの低血圧との戦いかも_(^^;)ゞ
ところで貧血を抑制する薬は投与してないんですか?

私の場合で、月曜と金曜の週2回、エポジンと云うのを静脈に投与してます。
だからか今日のようなエポジンを投与してない水曜日はかなりキツク、只今電車の中・・・
まぁ、今日の透析では動悸と不整脈、そして血圧が立位で100mmHgだった事もありますが。
水分制御しているのに先ほど、勿体ないですがミニペットボトルを購入し、大半残っていたけど捨てました。
大変だと思うけど、兎に角ゆっくりゆっくり行動して下さい。急に立ち上がる事も危険なので!多分、私の場合は腹膜で透析しているので身体の負担は軽い筈なんですが、今回は参りました。
貧血は毎月の通院毎にネスプの注射を打っています、幾ら打っても改善されないのはどうにもならないと言うことでしょう。
レバーとはホウレンソウでどうにかなる健常人とはコレも違うようです。
ネスプは皮下注射なので腎クリでの最後にいつも1本打たれています、結構痛い注射です。

寝起きで100をどうにか保っている状態なので日中の血圧は確実に100を切っているでしょうね、昨日も診察前に測った血圧は100に足りませんでした。
車と一緒で〝急〟とつく行為はしたくても出来そうにありません、歩行者用信号が点滅していても走るのは愚か速足で抜けようなどと言う無謀は全く無くなりました(笑)

焦らず、急がずなんでしょうがジッとしていることが出来ない人間には大人しくしているのもまた〝苦痛〟でありまして、困ったもんですね。
当分は精進します。
明日の新しい薬液に変更して元に戻れば言うこと無しですが。