木偶人形のよう

1年前にブエノスアイレスで行われた国際オリンピック委員会(ICO)総会での2020年東京五輪誘致スピーチで安倍晋三首相は、

福島第1原発の 汚染水問題について「アンダー・コントロール」と発言した経緯がある。今月3日に経産相に就任したばかりの小渕氏だが、最重要課題のひとつである汚染水問 題で従来の政府見解を踏襲した形だ。
当たり前のことだが、能力のある人間が、女性であるというだけで制限を受けるのは不当である。  
同様に、無能な人間が、女性であるというだけで登用されるのも、不当である。  
この、小渕なる人物の言葉を信じる人は、言っている当人を含め、世界中に一人もいない。  
大臣の資質などかけらもない、本当に冷酷な人である (はじめから期待などしていないが)。  見栄えをよくするために利用され、木偶人形のように言われたとおりに忠実に動く、 この人は平然と嘘をつくことによって、女性とはこのような存在であるという前例を率先して作ってしまった。  このような恥ずべき行動を、人間蔑視という。