「時間がない」

石破君は「憲法改正は自民党の基本理念だ。先の総選挙でも憲法改正を国民に訴え、ご賛同を頂いた」とほざいた。

じゃ何故これほ どの安定政権下であるのにもかかわらず憲法を改正しようとしない?
選挙で大勝した直後は高揚感で9条の改正を目指し、世論が盛り上がらないと96条の改正を言い出し、それもダメだと「有識者懇」などというアホ の集まりの私的会議の結論に頼る。
つまりここに至るまでに、「憲法解釈の変更」とは安倍ちゃんが辿り着いたあまりに筋の悪い、どれだけ姑息な手段であるか の経緯を国民は嫌というほど見させられてきた。
「有識者懇」のあるメンバーは「国民に諮っていたのでは時間がかかりすぎる」と言い放った。これは「国民は 戦争が嫌というだけのアホだから国家の大事をこんなものに任せてたまるか」と言っているのど同義である。国民は有識者懇が如何に古臭い国家観に拘泥し、国 民に対して説得力のある理論を展開できないアホであるかをよく知っている。
「時間がない」という理由にもならん理由で国家の大事をあんな何の権限もないアホの集まりに委ねるなんて冗談じゃない。