下界に降りてきて

思春期の中学生は下の毛が生えてきたり脛毛が濃くなったりして何かと敏感だ。

小生なぞ脛毛を1年の夏に風呂場で剃ったら不器用で下手糞なモノだからかそれ以来、生えてこない変な足になっている。
写真をここでお見せしたいが、露悪趣味は飽き飽きと云う声が多いので遠慮する。
だって35年経ってもまばらな脛毛とは中学生のなりそこないみたいでカッコ悪いが、女装すると綺麗に見える。
ソッチの話はいずれゆっくりにして…

然し、この水虫は下界に降りてきて〝困ったなぁ~〟と、思っていたら毎日、下着も靴下も替えるせいかいつの間にか治った。
次の年、それを忘れて又冬山合宿に行き、同じ目に遭う。
社会人になってからもサラリーマンの革靴では水虫にならないのに冬山に行くと水虫を発症すること数回。
おまけに小生の冬の足はプラスティック製で換気性がゼロ。

だから冬でも山に行くまではビーチサンダルと言う無法者だが、それも捻挫をする要因の1つであろう。
捻挫と水虫に直接の因果関係はないが、限っては大ありなのだ。