記憶する方法

アメリカの大規模企業のお客様電話相談室の大半は実のところフィリピンに設置されているのですが、通話しているアメリカにいる人間は話し中の相手がフィリピンから掛けているとは認識していません。

ピンズラー英会話というものはポール・ピンズラー博士が作った学習メソッドであり、幼児が言語を記憶する方法を真似した聞いたことをそのまま話すことで英語を体得できる今までにない方法の授業です。

有名作家のシドニーシェルダンの小説は、非常に軽妙で、すぐに続きが読み始めたくなるので、英語の勉強というおもむきではなくて、続きに引き込まれるので英語学習そのものを続けられるのです。

何かにつけて幼児たちが言語を覚えるように英語を自分のものにしていくという声が聞かれますが、子供が正しく会話することができるようになるのは、実はとても沢山傾聴してきたからなのです。

もっと多くの慣用句を心に留めるということは、英会話能力を向上させる最良の一つの学習法であって、元来英語を話している人たちはなんと言っても頻繁に言い回しを使うものです。