椎間板

痩身目的でカロリー摂取を抑える、食事を抜く、というような食生活が栄養までもを不足させ、深刻な冷え性をもたらしていることは、多くの医師が危惧されています。
頸椎などが痛むヘルニアとは正式には「椎間板ヘルニア」と呼ばれており、背骨の間にあってクッションのような役割を担っている椎間板という名前の柔らかい円形の組織が飛び出してしまった症例のことを表しているのです。
ジェネリックという医薬品は新薬の特許が無効になってしまった後に購入できる、新薬とまったく同じ成分で経済的負担を少なく抑えられる(クスリの金額が高価ではない)後発医薬品のことを指しています。
2005年(H17)年から新たにトクホ(特保)の容器には「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」との注意喚起の文句の記述が食品メーカーに義務付けられた。
自分で外から見ただけでは骨が折れているのかどうか自信がない時は、疑わしい所の骨を注意しながら触れてみてください。その部位に強烈な痛みが響けば恐らく骨折だと思われます。
胸痛や胸部圧迫感を主訴とする狭心症の外科的な施術では大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP)」もしくは「大動脈冠動脈(だいどうみゃくかんどうみゃく)バイパス移植術」の2種類の手術の方法がよくおこなわれています。
季節性インフルエンザ(seasonal influenza)のワクチンでは、臨床データに基づいた研究によって、予防接種の効果が望めるのはワクチン接種したおよそ2週後から約150日間程度だろうということが判明しました。
男性だけにある前立腺という臓器は生育や活動にアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても深く関係しており、前立腺に発生してしまったガンも同様に、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンに影響されて大きくなってしまうのです。
学校や幼稚園など大勢での団体行動をする際に、花粉症の症状が要因でクラスのみんなと集まって元気に走り回れないのは、患者である子供にとっても残念なことです。
「肝臓の機能の低下」については、血液検査項目のAST(GOT)やALT(GPT)、γ-GTP(ガンマGTP)など3つの値によってモニターできますが、ここ数年肝臓の機能が悪化している国民の数が増加しているそうです。
道路事故や建築現場での転落事故など、かなり強い外力が身体にかかった場合は、複数のポイントに骨折が齎されてしまったり、骨が外に突き出る開放骨折となったり、加えて臓器が破損してしまうこともあるのです。
内臓脂肪過多の肥満が確認され、脂質(lipid)、塩分の摂りすぎなどによる「高血圧」、糖分の過剰摂取などによる「高血糖」の中で2個か3個すべてに合致するような様子のことを、メタボリックシンドローム(内臓脂肪症候群)と名付けています。
脳内にあるセロトニン(5-HT)神経は、自律神経を調節したり痛みを抑制し、様々な分泌物質の覚醒などを司っていて、大うつ病(単極性気分障害)に罹患している人ではその作用が弱体化していることが科学的に証明されている。
AIDS(エイズ)というのはヒト免疫不全ウイルスの感染が原因となって生じるウイルス感染症の病名であって、免疫不全を引き起こして些細な病原体が原因の日和見感染やがんなどを発症する病状のことを総称しているのです。
ビタミンB1不足が原因の脚気(かっけ)の症状は、主に手足がジンジンと痺れるような感覚があったり脚の浮腫などが代表的で、病状が進行してしまうと、重症の場合、呼吸困難に陥る心不全などを併発することがあるそうです。