解毒酵素

クシャミに鼻みず、鼻詰まりや目の掻痒感・ゴロゴロする感じなどの花粉症の辛い諸症状は、アレルゲンである花粉の飛散する量に比例するように酷くなってしまうという特徴があるということです。
植物の中に存在する化学物質、フィトケミカルの一つのスルフォラファンというブロッコリースプラウトに含まれる揮発性の物質について、肝臓が分泌している解毒酵素そのものの正常な製造活動を促しているかもしれないという新たな事実が判明してきました。
グラスファイバーで作製されたギプスは、大変強靭で軽い上に耐久性があり、濡らしても使用できるという利点があり、現在用いられるギプスの中では第一選択肢だと言われています。
アメリカやヨーロッパ各国では、新しい薬の特許が満了してから約30日後、製薬市場の約8割が後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)に替わるような薬品もある位、後発医薬品(こうはついやくひん、ジェネリック)は世界各国に知られています。
冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科手術では大体「大動脈内バルーンパンピング法(IABP法)」もしくは「冠動脈(かんどうみゃく)バイパス手術」という両方の術式がよく採用されています。
バイキンやウィルスなどの病気を招く病原微生物が口から肺の中へ入り込み伝染し、肺自体が炎症反応を呈示した病状を「肺炎」と総称しています。
高齢の方や病気を持っている方は、目立って肺炎になりやすくて治るのが遅いデータがあるため、予防に対する意識や早めの手当が肝要なのです。
バイク事故や作業現場での転落など、とても強い力が体にかかった場合は、複数の個所に骨折が起こってしまったり、複雑骨折となったり、更には臓器が破損してしまうこともあるのです。
ジェネリック医薬品というのは新薬の特許が無くなった後に市場に出回って、新薬と変わらない成分で負荷を低くできる(クスリ代の高価ではない)後発医薬品です。
現在、若い世代で咳が続く結核に対抗する免疫力(抵抗力)を持たない人達が多くなっていることや、自己判断のせいで受診が遅れることが原因のアウトブレイクや院内感染が多くなっています。
胃食道逆流症の一種である逆流性食道炎は、食事の欧米化やスモーキング・酒類・脂肪過多等のライフスタイルの悪化、ストレス等によって、殊更日本人に増加しているという疾患の一つです。
汗疱状湿疹とは主に手の平や足の裏又は指の間などに細かい水疱がみられる皮膚病で、一般にはあせもと言われ、足裏に出現すると水虫と早とちりされるケースもままあります。
アルコールをクラッキングする作用のあるナイアシンは、宿酔に効く成分です。辛い宿酔の根源物質だといわれる酢酸アルデヒド(アセトアルデヒド)という物質のクラッキングにも力を発揮します。
HMSの研究によると、一般的なコーヒーと比較して1日あたり2〜3杯のカフェインの取り除かれたコーヒーを代用すれば、あの直腸がんの罹患率を半分以上も減らせたらしい。
目と目を合わせることで、入居者さんがセラピードッグのことを可愛らしいと思うことによって「優しさのホルモン」ともいわれるオキトキシンが多く分泌され、ストレスの緩和や心のヒーリングなどに繋がっています。